スポンサーリンク

誰も見ていないと思って素顔を見せた異常者

皆さんのお住まいの近くにも一人や二人異常な人格の人はいるもんです。

私が見てしまった異常者の恐ろしい形相について記録しておきます。

日常でアレッ?って思う小さなサイン

日常の中で小さな違和感を感じる人っていますよね。

多くの人が体験する異常者との出会いです。

僕の住んでいるマンションにも
その家族は引っ越してきました。

奥さんは知的で冷静そうな感じのいい人でした。
ご主人はおとなしそうな目立たない感じの人でした。
お子さんたちは元気よく感じのいい家族でした。

ある日、私は自転車置き場で注意を受けました。
その奥さんから。
自転車は置く場所が決まっていると・・・

私は新築の時から住んでいるので十分知っていますが
自転車は空いている場所に自由に
キチンと他の人の迷惑にならないように駐輪するルールです。

まあ、越してきて間がないからルールを勘違いしているんだろうと
私は、別の場所に自転車を止めて
「ま、いっか・・・」
としておきました。

見事な仮面

全く別の場所でその奥さんと顔を合わせる機会がありました。

もう、駐輪場での出来事なんか忘れているのでしょう。

新しい環境のことについていろいろ聞かれたり
たわいもない世間話をしました。

休日の午前中の日差しの中で
実に穏やかな人だなあ
って、つい思ったりもしました。

でも、知っています。
その人が止めると決めた自転車置き場のポジションに
他の自転車が止まっていると・・・

女性とは思えない力で他の自転車が止まっている一群に
その自転車を放り投げ
自分の自転車を止めていることを・・・

仮面を被った家族

知っています。

ご主人は奴隷のように使われていることを

子供たちは母親の前では溌剌と明るくいい子です。
習い事にも嬉しそうに子犬がじゃれるように歩いていきます。

マンションのなかのちょっとした調度品や来客用のソファが
微妙に壊される時があります。
いたずらっ子の多いマンションですので
容疑者はたくさんいます。

それだけ子供の元気がいいってことだと私は思います。

しかし、その家の子供たちが「何か」をやらかしていることが多いのです。
罪は要領の悪い、いかにもワルガキのよその家の坊やに
そっと、なすりつけていることを
知っています。

私は見逃さなかった

マンションの親睦のイベントの日

その家の奥さんがみんなと話をしていました。
物静かに穏やかに。

ちょっとした間なんですが
みんなの群れからその奥さんが離れて
ひとりぼっちで、ちょっとボーっとしていました。

疲れたのかなと思っていると

油断したのでしょう

みるみる表情が変わって

私は、産まれてこの方人がこんな怖い形相になるのを見たことが無かったので
眩暈さえ覚えました。

一瞬なのですが
急に空が暗雲に暗くなるように
スゴイ顔の妖怪オバサンになった、その奥さんの変化を
見てしまったのです。

何時かは崩壊するのだろう

私は善人ではありません。

極力その家族と接点を持たないようにして
会えばにこやかに挨拶をして言葉は交わさないように
すぐにすれ違います。

そうしながらも、観察は欠かしません。

そんな家族が何時、どうやって崩壊してゆくのか

見逃したらもったいないと思うのです。

今日も読んで頂きありがとうございます。
私は性善説が大嫌いなのです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。