スポンサーリンク
酵素が生きている「青汁・プロ」子供も大好き!ゴクゴク飲んでいます。

blue noteをヴェポライザーで試してみた

blue noteとヴェポライザー

パイプ煙草のブルーノトーをヴェポライザーで試してみました。

まずは結果から

FENIX mini と FYHit herbstic ECO で試してみました。

どちらも大差なく

結果は

んんまいっ!

正直、ヴェポライザーではキャプテンブラック以来の感動です。

グリセリンとか一切使わずに
なるべく細かい葉っぱを選んでやんわり詰めてみました。

甘い香りで至福の時を味わえましたよ・・・

トロピカルな甘さ
ヨーグルト(ヨーグルトチョコ)の風味
バニラ
・・・・
いいバランスで鼻腔をくすぐります。

パイプで吸ってみた

次に
正式にパイプで頂いてみました。

当然、美味しいです。
甘い香りとヨーグルトのような酸味を感じつつ

煙草の美味しさがたまりません。
ベースはイングリッシュタイプのラタキア抜きってとこでしょうか

煙は決して甘ったるくはないのです。

だから飽きがこない!

う~~ん流石評判の高さの通りです。

パイプ煙草として楽しむなら当然パイプで
じっくり燻らすのが正統派の味わい方だと
つくづく感じられる煙草です。

この着香だけを味わいたい時もある

blue noteの着香は実にいい香りです。

タールや煙草が燃える匂いと合わさってこその
blue note なのは当然と言えば当然でしょう。

しかし、缶を開けたときに鼻を近づけて息を吸い込む
あの快感を味わうとすれば・・・

そんな誘惑に駆られて
ヴェポライザーで試して見た次第です。

結果は大成功!

ヴェポライザーで試すと
思っていた香りとは全く違う香りになって
ガッカリ
なんてことが多いのですが・・・

blue noteでは大成功でした。

忠実に缶を開けた時の香りを味わうことが出来ました。

今日も読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。