スポンサーリンク

書籍:「天使の囀り」 生理的に気持ち悪くて怖いな

角川ホラー文庫

「天使の囀り」貴志 祐介 著
(さえずり)

 角川ホラー文庫

主人公は精神科医の北島早苗という女性。

恋人の高梨って言う作家が新聞社の企画でアマゾンの密林に探検に行って帰ってきたら
ちょっとキャラが変になってて
やがて自殺しちゃう。

高梨って人は「タナトフォビア」つまり「死恐怖症」なのに自殺しちゃう

その辺からグイグイ物語は面白くなっていきます。

誰でも死は怖いんだけど「タナトフォビア」の人って死を連想するものを
極端に恐れてちょっと変な人っていうか生活に支障をきたす状態の人を言うんだけど
高梨さんのその苦悩はイマイチ伝わりにくかったな

あんまり書いちゃうとネタバレで怒られちゃうけど
脳に興味があるんで、すごく楽しんで怖がることができました。

大変美味しゅうございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。