空気対流式ヴェポライザーFENIX miniが来た

 

輸入代理店さんからレビューの依頼で

FENIX miniを頂戴しました。

率直に感想を書いていきます。

amazonのページです

※ この記事の内容は私の個人的な感覚で書かれたものです。
人によっては違う感じを受けることもあると考えます。

※ この記事は喫煙に関するものなので未成年の方はご遠慮下さい。
また、嫌煙の考えをお持ちの方は不快感を感じることをご容赦願います。

本体と付属品

 

しっかりした箱に入っています。

箱の中身は

・本体
・充電用USBケーブル
(充電は1Aかつ5VだそうですPCのUSBポートからの充電が無難そうですね)
・ピンセット
・掃除用の耳かきみたいな棒
(吸い終わったシャグを取り出すのに便利です)
・掃除用のブラシ
・フィルターの予備
・ワックス、オイル用のタンク
・説明書(英語)

です。

仕様の概要

電池 1600mAh
私の実験では1回の充電で6回から7回使用できるので
喫煙回数の少ない人は外出にもOKかと思います。

見えにくいですが、3つ縦にボタンが並んでいます。

一番上の大きいのが電源スイッチ
5回続けて押すとON
動作中に5回続けて押せばOFF

次に
上の丸いのが 温度+
下の丸いのが 温度-

何がスゴイってディスプレイがあることです。

 

・充電中、充電完了
・温度(華氏でも摂氏でも切り替え可能です)
大きいスイッチと一番下の温度マイナスのスイッチを同時に押すと切り替えられます。
温度は摂氏160℃から220℃(華氏320度から430度)
・残り時間(秒表示)5秒前になると点滅します。

・使用時間は一回4分です。少し物足りないかな。
(まあ、葉っぱをきつめに詰めて連続って手もありますが・・・)

驚いたのは
加熱時間が超短いってことです。

 
それでも一応LEDが点いて加熱中は赤、加熱終了は緑に変わります。

残念ながら
充電は使用できません。

あと、もう一つ残念なのが
ヴェポライザーに多い1Aなんですね。かつ5V。

アイコスの充電器とか2Aの充電アダプターは使えません。
ま、これは仕方ないかな
付属のUSBコードをPCにつなげておけばいいことだし・・・
(電気のことはさっぱり素人つーか、わかんないのです)

さてお味は?

数回空焚きした方がいいと
アマゾンの説明にあったので
4回空焚きしてニオイ取りしました。

まずはおなじみ「チェ赤」で・・・

ヴェポライザーで吸うときの独特の味がしますが

とてもクリアーです。

これが空気対流式というものか・・・

続いて

・エクセレント キールロワイヤル

着香系だと手巻きで火をつけて吸うときより
香りがはっきりと感じられます。

・キャプテンブラック(オリジナル=白)
うまいなぁ・・・これ!
チャンバーで加熱するヴェポライザーより味がソフトだわ。

・・ではメンソールを試します。

チェシャグ メンソールです。

メンソールがすんなりと来て気持ちイイですね。

チェシャグメンソールは煙草のコクもけっこうしっかりしているので
美味しくいただけます。

チェシャグメンソールがクセになりそうな気配・・・

オイル、ワックス用のタンクも用意されているので
ワックスなんかも試してみようかな・・・

メンソールとか着香系が
ヴェポライザーには合うのかも知れないです。

その他の感想

マウスピース

写真で見ると気になりますよね
デカいんじゃないの?って

実際、咥えてみると口の形にフィットして
案外使いやすいです。

部屋の臭い

これはどのヴェポライザーでも同じです。
私の部屋は狭いので4分の吸引のあと部屋はしかっり煙草の香りが充満します。
しかし、火を使う喫煙よりは臭いが消える時間は全然短い時間で臭いは消えます。
臭いもソフトで、服やカーテンに着く臭いは殆どありません。

汚れ

使い始めたばかりでは、何とも言えませんが
今のところリキッドを使っていないせいか
コンベクションタイプだからか
チャンバーの汚れは少ないように感じます。

アルコールを付けた綿棒であちこちこすると
若干茶色くなりますから
定期的な清掃は必要と思います。

チャンバーは浅いし、直接開口しているので
清掃は楽かと思います。

手に持った感じ

若干重いですが、なかなかすっぽりと収まって
いい感じです。
艶消しブラックなのでその肌触りもいい感じです。

自分で買うとしたら・・・

このサイトでは過去
ハーブスティック・エコ
FyHITについて書いてきました。

この2機はともにチャンバーを直接加熱する方式です。

今回の記事はFENIX miniで、空気対流式つまり高熱の空気がチャンバー内を通過することで
煙草を気化させる方法です。

そのため、より煙草から出た蒸気はクリアーな味になります。

かといって、従来の火を使った喫煙方法とは全く違う味わいです。
タールとかその他の副産物の風味が無いからだと思います。

昔ながらの煙草の味にこだわるならば
「なんだこりゃ」ってなります。
別物として考えるのがいいです。
それはアイコスでもグローでも同じですね。

ですのでヴェポライザーに限ってという話ですが

それぞれ金額の差がありますが
一万円以下のモノと限定するなら

FENIX シリーズが今のところ一番いいかなと思います。

(ついFENIX miniに手が伸びてしまいます)

ハーブスティック・エコ、FyHITの吸引時間10分も魅力なんですが・・・

これからの時代は煙モクモクで喫煙できる環境が激減してきます。
喫煙者は肩身の狭い思いをすることは間違いないことです。
ヴェポライザーを含め電子タバコの発展を期待しています。

ヴェポライザー用のシャグが出ると面白いんだけどな。

今日も読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。