スポンサーリンク

グローを買ってみてネオスティック自作してみた

顔なじみのコンビニでグローを買ってしまいました。
ほんと衝動買いです。

グローを手にして・・・こりゃあ楽しめそうだ

そう思いました。

無意識にグローの入荷日を聞く

顔なじみになるほど良く行くコンビニで

突然です

自分でも理解できない発作的な行動でした。

グローの広告の上に書いてある
「ただ今本体は品切れです」を指さして
>いつ本体入るの?
って店員のおばちゃんに質問していました。

おばちゃんは、あんたは良く来てくれるから
といって、小声で○○日に少し入って来る予定だと
よければ一台確保しておくよ
とも言ってくれました。

なんか怪しいモノを買うみたいでドキドキしました。

早速、一台確保をお願いして待つこと約2週間・・・

来ましたよ、グロー!
このおよそ2週間が待ち遠しいやら、楽しいやら
(いい年こいてグローでこんなに喜べるんだ。。。)

アイコスも考えたけど

衝動的にグローを頼んでから
「アイコスという選択肢もあったな」
そんな反省が頭をよぎりました。

ネットで色々な方のサイトを拝見すると
アイコスの方が美味しいんじゃないかな?
ステッィック状でかっこいいし
喫煙時間も長いよな・・・

しかし、

a.価格的にグローに比べ高め ←ケチ
b.掃除が面倒くさそう    ←グータラ
c.グローのネオスティックなら自作というか再生できそう ←変態

掃除の容易さは重要です。なにせ、ぐうたらなユーザーなので。

それよりも

一番の理由はcです。

ネオスティックを自作したいという

変態的な下心がグローのパンフレットを見ていて芽生えたのです。

かなり焼き芋風味つーか・・・

まずは、リッチ・タバコ(深みのレギュラー)を一緒に買って
グロー本体にセット・・・

機械がブーっと振動

さて吸うぞ・・・

(そんなに大げさに気分を高めなくても良さそうな・・・)

「美味しいな、ンマイな!」
そう、感じました。

加熱式タバコの欠点の
焼き芋風味、甘栗風味、ポップコーン風味などと呼ばれるものは
かなり、強いです。

でも、美味しいです。
不思議だなぁ
グローではこの風味も嫌味がありません。
流石、ブリティッシュ・アメリカン・タバコさん。

ネオスティックを自作

ネオスッティックって自作できるんですよ。

まあ、最初に本物のネオスッティック買って、再生するだけですけど

※ グローの正式な使用方法ではないので故障、火傷等一切のトラブルは
自己責任でお願いします。

このサイトの読者のhkさんからコメント頂いて
それをパクってこの記事を書いているんですが・・・

ネイスティックは咥える方から見ると
1.吸い口
2.吸い口の端部の空気穴
3.ストロー状の区間
4.煙草が入っている区間
で構成されています。

1から3までは比較的一体に出来ています。
4が消費部分です。

ロケットで言えば1から3が本体で4は燃料部分でしょう。
(燃えない燃料)

だから

ネオスティックを吸い終わる

4をちぎってゴミ箱へ

1から3は保管する

1から3を再使用して4部分を手巻き煙草で復元する

自作ネオスティック完成

数回これをやるとロケット本体がくたびれてきますから
また新しいネオスティックを買ってくるんです。
ここが少し、情けないつーかご愛嬌です。

キャプテンブラックで試してみた

このサイトを読んで下さっている
hkさんもキャプテンブラックを試したようです。

私も、加熱式タバコのお試し定番は
キャプテンブラック(白)です。
バニラとメープルの香りが程よく強くて
例の焼き芋風味が緩和されるからです。
モノによってはパイプで吸うより美味しく感じられるような気がするんです。

さて、キャプテンブラックでネオスティックを再生しました。
ロングのローラー式手巻き器を使いました。

葉っぱを良く揉まずにきつめに詰めたので
ドローが悪くなってしまいました。
ここはもっと経験を積まないといけません。

さて、肝心の味です。

おや?
焼き芋風味?甘栗風味? ポップコーン風味が強く出ます。
まるで新しいコーンパイプでキャプテンブラックを吸っているみたいです。

悪くないですよ・・・

・・・煙の出が悪い時は一度終了しても「自作スティック」をそのままにして
再度加熱して使うと上手く行く時もあります。

(自己責任でね・・・)

”かくあらねば”の考え方は捨てよう

加熱式タバコの欠点の
焼き芋風味、甘栗風味、ポップコーン風味などと呼ばれるものは

欠点なのでしょうか?

グローで感じたことは
「これは新しい風味であって香ばしいと考えてもいいかも?」
でした。

グローのポップコーン風味はかなり強いです。
ただし、焼き芋でもなければ、甘栗でもありません。

まあ、負け惜しみでポップコーン風味を楽しんでいるのかも知れませんが・・・

何も、従来の煙草の風味を再現する必要はないし
所詮、無理な話なのですから・・・・
煙草はこんな味がしなければいけないなんて思うとつまらなくなります。

パイプだって、コーンパイプを使って
わざと香ばしさを楽しむこともあるんですから。
コーンパイプの風味はまさにポップコーン風味です。

これから、色々なシャグで「自作」して楽しんでみようと思います。

あ、そうそう
・グリセリンは使わない方がいいような気がします。
・煙草葉は加湿しないほうがいいような気がします。

追記
チェ・シャグ(赤)でもケッコウいい感じでした。

今日も読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. hk より:

    ついにGLOされましたか。

    ネオスティックのフィルタ再利用、フィルタの中のコットンが気にならないですか?

    私のロケットは燃料と本体が分離型で、フィルタは今は付箋紙と(フィルタを熱対策&葉っぱ吸い込み防止で)スーパースリムサイズのヤニ取りフィルタ使ってます。
    吸うまでの手順が多いことに加え、使用後も燃料が取り出しの際にたまにツメ部分にひっかかってやや手間がかかることがあるなど難点ありますが、2本分を一気に巻けること、PMGのシリコンクラッチ使って火を付けて吸えること、などの理由で分離型採用です。

    あと、最近見つけた便利グッツのバンブーシート(坪田パール製200円くらい、RAWのはダメ)で巻き巻きしてます。慣れるとローラーより巻きやすいかも。

    GLO入手して1ヶ月たちましたが、元のヴェポライザーの出番が殆どなくなってしまいました。味覚変わったかも?

    • たまいち より:

      hk様
      コメントありがとうございます。
      オール自作のロケット(ネオスティック)なんですね。
      確かにhkさんのやり方だと火をつけても吸えますね。

      バンブーシートには以前から興味があるんですが
      難しいかも・・・と思って尻込みしてました。
      坪田パール製がいいのですか
      今度試してみます。

      ・・・確かにベポライザーの出番がなくなりそうですね(笑)

         たまいち

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。