スポンサーリンク

降り注ぐものを感じるんだ

https://www.pakutaso.com/kazukihiro.html

https://www.pakutaso.com/kazukihiro.html

降り注ぐものを感じます

降り注ぐといっても
雨のようだったり
まして
ダークマターとかではのです

何かわからないもの?
が降り注いでいることは感じられます

雨のように水ではないので濡れたりしません
ニュートリノのように私たちを通過していくものなのかもしれません
通過しないで少しの間とどまるのかもしれません

スピリチュアルとかなんとかサイエンスではなく

この話はサイエンティフィックではありません

私はオルタナーティブサイエンスとか
偽書、奇書の類の話は大好きです

しかし
まじめな科学に乗っかって怪しいご都合主義の話をして
人を混乱させたり詐欺まがいの行いをすることは大嫌いです

・私はスピリチュアルな世界の話には細心の注意を払います
「HSPでHSSのようだ」でも書きました)

せっかくの難問もスピリチュアルな世界観を持ち込むと
貴重な回答を得ずに人生を終える恐れがあると思うのです

それでも感じるものを話してみます

過敏体質ゆえに色々な体感があります

それをスピリチュアルな世界に結びつけちゃうと簡単なんですね
だけどそんな癖をつけると
何も見つけられなくなるような気がするんです

過敏だからこそ感じることのできる「気のせい」について
考えを巡らすことのできることがあると思うのです

なんだ言い換えただけでスピリチュアルと同じぢゃねえか
と思われるかもしれません
しかしそこは微妙に紙一枚隔てておきたいのです

錯覚であるという自覚を保ちながらです

証拠とか根拠はありません
「ただそう感じるんだもん」としか言えない
一方通行のメッセージなんでなんともつかみどころのない話ですが

今後もあえて「気のせい」をこのブログに書いていきます

何が降り注いでいるの?

さて

すごい長い前置きの後に

降り注ぐものの話に入ります

何かが降り注いでいることはずっと前から体感としてありました

降り注ぐってどんなもの?
なに?

って思われますよね

すみません答えられないんです

  • 見えないし
  • 痛いとか
  • ポツポツと体に当たる感じでもないし
  • 屋外でなくても鉄筋コンクリート造りの建物の中にいても
    感じるときはものすごい感じで降り注いできます

似てるものとしては

空気のきれいな月の出ていない夜空を見上げた時
ものすごい星が天空にあるのに感動されたときはありますか

その時に星空から何かが降り注いでいるような
その降り注いでいる何かに自分が浄化されるような
そんな感動にとらわれたことがありますか

強いて言えばそんな感じです

降り注ぐものを二つに大別してみる

その降り注ぐものなんですが

無色透明、善悪も何にもないものではないものだと
大して気にもしてなかったんですが

最近になってそれが・・・
あくまで自分にとってなんですが
悪いもの
いいもの
も多少混じっているんだと感じました

悪いもの

確かに無色透明なまったくの自由なものばかりではなさそうです

悪い方向に自分がとらわれてしうものをたまに感じます

・気分が悪くなったり
・病気のきっかけになったり
・悪いことが起きたり

そんな災いっぽいものなんですが
注意深く感じていると

・悪い方向へ考えを持っていく
・悪い解釈をする
・悪いことをして問題を解決しようとする

そんな感じにとらわれることもあるようです
自分自身に影響が出るんです

いいもの

これは悪いものの真逆です

いいことが起きて

いい感情が芽生えて・・・

いいもののほうは最近気が付いたんです

そもそも世界を否定的にとらえがちだったんですね
過敏体質の人の多くはこの苦しみを味わう時期があると思います

そんなもの見送ってしまおうか?

禍福は糾える縄の如し

にんかんばんじさいおうがうま

です
善悪なんて相対的なものらしいです
(そうなのかなぁ)
善悪をあまり気にしすぎると大切な感性を台無しにします

あ 悪いものが来たな
これはいい感じだ
と思いはすれど
さらりと見送ってしまうのがいいことなのかな

今日も世迷い事を聞いてくださってありがとうございます

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。