スポンサーリンク

心は脳には無い、心の命令を脳が受信?

”ぱくたそ”さんより

子供のころから「心」ってわからずに年月だけが過ぎてきた

思い返せば「心」について勉強すればよかったのかと思う
しかし、現実には大学で森の勉強をした
それも僕の「心」がそうさせたのかな?

mindなのかheartなのか

小学校の先生は何を言っていたのか

僕が小学生の時の話で恐縮ですが
担任の先生が「心」が大好きで(漱石の「こころ」ではなく)
いろいろと「心」の話をされました。

今思えば僕は普通の子とはチト違ってたみたいで
先生の「心」のお話が理解できる状態ではなかったようです。
つまり、児童心理学的に言う「心」が成長していなかったようです。

僕なりに「心」を理解しようと努力しました。
理科室に行って人体標本君を分解してみました。
図書室に行って「釈迦」を読みました。

「心」は不明のまま小学、中学は卒業しました。

高校ではそんなこと考えないようにしてましたが
おませにもシュールレアリズムにカブレたので
もし大学に行けるのなら
心理学科に行きたいと思うようになりました。
(ここがそもそも変だよ)

心は脳の産物ではないのか!

うちは貧乏でしたが運よく大学に進学できました。
(昔々)
心理学科ではありませんでした。
ここで経緯は書きませんが私が行ったのは
林学科・・・森林のことをお勉強する応用科学の分野でした。

植物や動物をいじくりまわします
結果
なんだ心は脳が作り出す癖のようなものかな?
おまけに素人仏教で自我なんて脳が作り出した幻なんだ

てな具合にテキトウニ話を片づけて

実習と称して登山、キャンプ、渓流釣りに明け暮れていました。

最近ネットを眺めていると

最近です。ごく最近、先週ぐらいの最近
ネットを彷徨っていると

「脳は考えない、脳は心のチューナーだ」

心は宇宙とかどこかほかにあって脳が心を受信してる
・・・というような内容のサイトがかなりあるんですね。

だから「心」ってなによ?
ムキになることはありませんがね・・・

一応、この話の源流はどのあたりかな?って軽く遡ると
筑波大学名誉教授の村上和雄先生
ディーパック・チョプラ博士と言うひとが登場してきました。

ちょっと読んでみましたが、ムツカシイ!
フムフム・・・わかったつもり

だから「心」ってなによ?
ってまたなっちゃう(笑)

まあどこかにあるんでしょう
ウチュウとか異次元の世界にあるのでしょう。
ん?なにかヒントがありそうな気がするな。

古い武術の世界でも

僕はその昔「武術オタク」でした。
今はその面影もありませんがね。

大きな括りでは中国拳法ですが
ウイグル族から伝わった武術に「心意六合拳」っていうのがあります。
ちょっとカジリました。練習はツライです。

その心意六合って内三合と外三合を足して六合っていうんです。
内三合:心と意、意と気、気と力が一致すること
外三合:手と足、肘と膝、肩と股が一致すること
なんですが

外三合は、まあ、わかります。(なかなか体は思い通りになりませんが)
内三合も気と力は体感としてわかります。(しくじるとオナラになります、嘘)
意と気もそりゃあ、よそ見して気が集中するわけもないからわかります。

最初の心(しん)と意がわからないんですよ

例えば敵の顔面を攻撃しようとします。
思うか、思うよりさらに反射的に意識が働くのが「意」だと思うんです。

んぢゃあ「心(しん)」って何よ?

現身を超えたところにあるもの

「心」ってもしかして
やっぱり・・・

皮膚で囲まれた自分という個体の外に「心」があるの?

んぢゃあ、どこよ?

スピリチュアル系には都合がいいな

「心」が外にあるってことになれば

スピ系のヒーリングだったりチャネリングの説明にはちょうどいいね。

心霊系にもこりゃ説明しやすいですよ。

先端物理学のいいとこどりして何やら力技で説明し始める人も出てきます。

脳が物事を認識する過程をうまくひっぱて来る人もいます。

肯定するのには僕の学力ではチトキビシイから途中から信仰に近くなっちゃう。

否定するのも同じで疑いになっちゃう。

ホントに脳はチューナーなのかな
僕の脳は
アルコールを飲めば酔っぱらうし
抗不安薬飲めば静かな気分になって居眠りしちゃうし・・・
これらって脳に作用する物質だよね。

何かのヒントにはなるようなきがする

むやみに信じるのはアホだし
疑うのも利口ではない。

生物の進化を見ると不思議な気持ちになることがあります。

蘭の花にそっくりなカマキリ
枯葉にしか見えない蝶
蜂にそっくりなハエ

鏡を見るわけでもなくどうしてそんな形になったの?

「神」を登場させれば楽だけど、考えるのを止めちゃうのは良くないな。

脳の外に「心」があって脳はチューナーだとするスタンスも
思考停止の危険をはらんでいますが

考え続ける意志さえあれば多くのヒントになるんだと思います。

沢井健一という武道家がいました。
もともと柔道、剣道、居合の使い手でしたが
戦中に中国でとても強い先生に合って教えを受けて
日本で大気拳を伝えた人です。
日本に「気」という概念をもたらした一人です。
その先生曰く、

『光より速いものがあるそれは人の想いだよ』

とおっしゃられたそうです。
僕の本音はね・・・
公式にはちょうど真ん中です。

身近に若いころ統合失調症で不思議なキャラだったおばさんが
今は認知症がマックスまで行ってしまっていて
キャラが全然変わっちゃって
その人の素っていうのかな
子供の頃はこうだったのかな
おとなしくて優しい感じで介護施設で大事にされています
脳ってなんなのだろうと思います。

僕もスピリチュアルな体験はあるんですが

まだ疑っています。
心の?底では脳内に心は無いような気がしますけどね。

今日も読んでくださってありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。