スポンサーリンク

SCT心理検査の結果が出た 自覚通りでした

メンタルクリニックで

SCT心理検査(文章完成型)が宿題になりました

その経緯は

前回の記事で書きました。
今回はその結果をお話しします。

提出後の診察の日です。10日ほど経っているので結果が出てました。

検査の結果が告げられました

何事も病院での告知は嫌なものです。

聞いているうちに
内心(そんなの判ってるんだよ、そこがどうにかならないかって
悩んでいるんだよなぁ)
って思ってきました。

案外、自分自身で気が付いているものなのですね。

「まあ、几帳面というか真面目というか完璧主義なんですな。
それと、なにかと白黒はっきりさせないと気が済まない。
対人関係にも大変緊張されている。

それがもとで、メンタルの疲労を招いている。

グレーでいいんだ。まあまあでいいんだ。と思う習慣をつけて行くと
いいと思いますよ。」

先生はおっしゃいました。

確かに心当たりが

SCT心理検査を書いていながら
ふと、気が付いたんです。

俺って誰も心の深いところでは信用していないな。

ってね。

小さいころからの色々もあるんでしょうが

技術職なので

・完璧を求める癖がついている。
・人任せにしては人命にかかわることが平気で発生する。

そんな毎日なんですよ。
私は・・・

グレーは無理かな

先生のおっしゃることは身に染みてわかります。

いい年なんだからもっと丸くなって
グレーも受け入れればいいとは思うのです。

しかし、人格障害とまでは行かないのですが。
常に二択なんです。
そうぢゃないと落ち着かないんです。

なるべくは心がけますがグレーを受け入れたり
人に心を開くのは
至難の業かもしれません。

ゆえに他人を許している?

なんか逆説めいていますが

人を信頼していない。
かなり信頼していない。
だから、裏切られてもそんなに怒らないんです。

まあ、被害が出ればその分は悔しがりますけど。

完璧主義に近いので
若いころは他人にも完璧を求めました。
しかし、年々、人に期待を持たなくなったので
人の失敗は何ともないのです。

自分の失敗は、ちっぽけなことでも
俺って生きてる価値があるんだろうかぐらいに落ち込みます。

それって、相手に対して大変失礼な心の持ち主ってことだよね。

自分しか見えていないんだろうな

SCT心理検査をやって、読み返したら
診断を待つまでもなく

俺って、自分しか見えてないんだ

しみじみ感じました。

原因を親とか成長期のトラウマに求めるのは簡単です。
マイナス環境とマイナス体質の宝庫ですからね。

しかし、それは一番いやな言い訳だな。

すぐには無理かもしれないけど

すぐには無理かもしれないけど

本当の意味で己を捨てるように心がけてみようかな
それもグレーな感じで・・・

動物には、それこそ虫にも心を開くことができるんだから
人にも少しづつトライしてみるかな。

え?
今の心境?
人ってウザいなって思っています。

お薬は増やした状態のままで様子見です。
薬剤師さんは
「お薬減らなかったんですね」って優しく言ってくれました。

少し、心が温かくなりました。

本当は、一番信用していないのは自分自身なのかも。

今日も読んでくださってありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。