スポンサーリンク

レンドルミン0.25mgを2週間使った経過は

4月4日の記事でレンドルミン0.25mgが処方されたことをお話ししました。

2週間以上経過したのでその効き目のご報告です。

※ あくまで私個人の主観的な感想と体験です。メンタルのお薬の効き目
  副作用は個人差が大きいと言われています。
  参考までにお読みください。

眠剤とはいえ入眠には影響少ない

レンドルミンはベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。
説明書では、眠る前にすべてのことを済ませてから服用下さい。
とあります。
つまり、トイレとか歯磨きとか明日の支度とかでしょうね。

お薬を飲んぢゃってからアレコレしてると途中で寝落ちしてしまう可能性があるのでしょう。
または、ベッドでないところでぶっ倒れてしまう危険とか・・・

私の場合、私の場合ですよ、
レンドルミンは睡眠導入剤としてはヤワです。

前回も書きましたが起きる時間を決めて
その7から8時間前に服用すればお薬は切れて
寝起きもつらくないと言う設定なのです。

ということは、私の生活パターンだと夕食後
抗アレルギー剤のオロパタジンを服用します。
これが眠いのなんのって・・・

それから1時間もするとレンドルミンさまの服用時間になってしまいます。
メイラックスとレンドルミンは同時に服用してます。
0.25mg × 1錠です。
この時点で夕方飲むソラナックス0.2mg(少しですが)は残っています。

この状態でも気絶はしません。

布団に入って本など読んでいます。
物語が佳境に至ると眠気はどこかに行ってしまいます。
(これが仕事だと居眠りが始まります。間違いなく、はい。)

「切れ」はいいです

そうは言っても

睡眠に問題のある病人です。

時間のリミットを決めて電気を消して目を瞑ります。

すぐに意識が無くなります。
朝は、産まれてこの方スッキリ目覚めたことのない私ですが。

一応、目覚ましの音またはオシッコをする夢を見てあわてて起床します。
レンドルミンを服用してから約7時間後ですね。

普通レベルのボーっとした目覚めです。
お薬は持ち越していません。

すばらしい!

やはり中途覚醒はする

記憶をたどれば入眠後2時間ぐらいと
起床前1時間は
必ず時計を見ていることを覚えています。

なんか一番睡眠が深くなければならない時に起きてるのかな?

なかなか頑固者の中途覚醒です。

週末の疲れ感が改善されている

気のせいか
プラシボー効果か
偶然か

週末になってもクタクタではなくなりました。

2週間ですから
タダの偶然かもしれません。
ややマシかな?という程度ですが

少しは元気な週末でした。
日曜日の午後は眠って、夜もまた眠りましたが・・・

もう少し継続して処方してもらう

そんなわけで

・ダメなわけでもないし

・すっかり元気になった訳でもないし

・レンドルミンが効いてるらしいという結論です。

なので

しばらく様子見です。
当分レンドルミンを飲んで眠ります。

5月の中ごろで抗アレルギー剤は一応お休みするので

レンドルミン単品の力はそれからわかるのかな?

でもメイラックスは縁の下の力持ちをしてくれている状態ですから・・・

やれやれですわ。

今日も読んでくださってありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。