スポンサーリンク

聴覚過敏ちゃんミソフォニアさんを笑う

うるさい

実は私は聴覚過敏かつミソフォニアなんだけど

モノを食べるとき必要以上にクチャクチャやる人がいます
クチャラーね
苦手です聴覚過敏だし神経質だし・・・

例えばその「クチャクチャ」だけに異常に反応して嫌悪する場合
ミソフォニア(音嫌悪症)を発症しているらしいです

血行を促進し、首・肩のつらいコリを解消してくれる枕型のマッサージ機【soft stone neck(ソフトストーンネック)】

特定の音だけらしい

ミソフォニアは
咀嚼音とか特定の音
例えばガムをクチャクチャ噛む音に敏感に反応して嫌悪感を抱くのが特徴のようです

まあ、普通の人でも快適な音ではないですよね
「クチャクチャ」は

この嫌悪感がひどく苦痛だったり最悪の場合は殺意を抱くようになると
音嫌悪症(ミソフォニア)と言うらしいんです

Miso(嫌悪)とPhon(音)の造語です
このミソフォニアは研究は進んでいるものの
いまだ発生の原因とかメカニズムが決定的にはわかっていないので
他の病名としてカテゴライズする先生も多いらしいです

強迫性障害や心的外傷後ストレス障害とか不安障害にしちゃうんでしょうか

特徴は特定の音を嫌うことです

多いのは「クチャクチャ」のようですね・・・
鼻をズルズルするのもイヤですが

その特定の音は
他人の出す特定の音です
ハイヒールの音とかの専門家もいるようです

あくまで他人の出す音です

自分のオナラでイライラする人を見たことはありません
(私は過敏性腸症候群なのでオナラが多発する日は自分にイラつきますがね)

笑えるミソフォニさん

私の職場にいるオジサン Uさんとします
一挙動ごとに「ウーー」「えぇぇぇーー」と唸るので
Uさんね
その隣にKさんがいます
その方はクチャラーです
朝から帰るまでガムを「クチャクチャ」やります
お弁当ももちろん「クチャクチャ」です

ある日Uさんが私に
「Kさんのクチャクチャがうるさくてたまらん
イライラして仕事に集中できない(怒)」
と相談してきました

確かに半端ないクチャクチャ音です

Uさんの怒りはかなりのレベルに達しています

私もイヤだなとは思いますが

しかし
同意するにはつらいものがあります

だって・・・Uさん

何をするにも唸る(お風呂に入って唸るオヤジの重症タイプです)
中国マグで日に何回もお茶を作っては「ズズズズズー あっーー」を繰り返す(中国かぶれです)
仕事中急に引き出しからお煎餅を出して「ボリボリ」食べる
お茶で「ブクブク グビッ」うがいして飲みます
キーボードの打鍵が激しく大きい(キーボードは半分壊れてます)
電卓はACキーをタタタタタタタッと十数回連打してから計算
計算の入力は遅い
ただし大音量(強くたたかないと反応しなくなっているらしい)
そしてイコール「ターッンーー」 PCのエンターキーもそうですが
まるで王手飛車取りです
そして唸る、指パッチン!

聴覚過敏ちゃんとしては

私は森羅万象に対して過敏ですし
特に聴覚過敏なので

Uさんの訴えには曖昧に笑ってごまかすしかありません

私は嗅覚過敏もあるので締め切ったオフィスでのお煎餅はキビシイです

私の職場はただでさえガサツな人が多いのです
それが良さでもあるので嫌いではありません

過敏な私はみんなを恨む前に自分の感覚に蓋をします

そうです耳栓です

仕事中なので両方の耳に耳栓をしてしまうと
業務上の呼びかけや
電話をつないでもらうことに支障が出ます

従って耳栓は片方だけに限られます

私から向かって右に 豪快な音のUさん
左にクチャラーのKさん

今日はどっちに耳栓をしようかな?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. ゆるゆる より:

    ミソフォニア(音嫌悪症)の原因

    イカには聴覚がありません。聴覚がない動物を
    長期間食すことによる原因があげられます。

    「聴覚のないイカやたこ」の
    成分を「聴覚のある人間」が
    体の一部に栄養として
    取り込んで居るので…

    つまり食べた人間は
    イカやタコの性質をそのまま受け継いでいるわけです。

    もしお好きならば…
    少しの間、
    イカタコ類を控えてみてください。(・ω・)

    • たまいち より:

      ゆるゆるさん
      コメントありがとございます

      ゆるゆるさんの説は初耳です
      びっくりだけど、確かに思い当たる節はあります。

      私はイカ・タコは確かに大好物です
      お酒も控えめ(飲んではダメだと思うのですが)にしているので
      おつまみで摂取する量は確実に減っています
      他の料理でもしばらく気をつけてみます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。