スポンサーリンク

”銀”モクセイについて考えた

銀木犀

世の中金木犀の香りで一杯です
おトイレの匂いではないよ

むせ返るほどの芳香ですね
花の色もきれいです
運動会の匂いだね

でも私は

銀木犀が好きです

上の写真は犬の散歩で見つけたギンモクセイです

銀木犀って少ないですよね

控え目なのがいい

銀木犀は何かにつけて控え目だ

金木犀みたいに花が塊にならない

開花時期も数日遅いような気がする

香りも控えめかつ上品だね

グイグイ前に押し出してこない
気品がある

中国から♂だけ来たのか

金だろうが銀だろうがモクセイは大昔に中国から来たらしい
図鑑など見ると実があるらしいが見たことない

雌雄異株つまり♂と♀の木があるってことらしい

どうやら日本には雄木(♂)だけ入ってきたらしい
そう、オッサンだけ、いい匂いのオッサン
挿し木で増やしてるんだな、きっと・・・・

雌木(♀)は植物園にでも行かなければ見ることができないのかな

あまり繁殖されても問題だし・・・
古典に出てくる中国人のメンタルって
東洋人の繊細さがあったように思う

そうそう銀木犀にはその控めな
はにかみのような風情がある

花の白さが美しい
はにかんだオッサンかぁ??

銀木犀は夜が似合う

この香りはどこから来るのかな?
ってあたりを見回すのがいい

目の前でこれ見よがしに咲いていて
子供がトイレの消臭剤と間違えるような匂いがしていては
興ざめだな

秋になって夜風も澄んでくる
外に出て
どこからともなくいい香りがしてくる
ああ木犀の花か
そんな季節なんだなと思う
その思わせる間が欲しいところだ

それにはモコモコになって咲いている金木犀よりも
可憐な白い控えめな銀木犀がうれしい

今日もしょぼい寝言を聞いてくださってありがとうございます

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。