スポンサーリンク

眠い!とにかく眠い

眠い とにかく眠い

眠っちゃうヒーローっていたなあ

レインボーマン たしか~~ヨガの眠り
名探偵 コナンのおっちゃん 毛利小五郎

昔話とかでは

昔話の三年寝太郎
グリム童話の眠り姫
眠れる森の美女
眠りには不思議な魅力があると思う

しかし、そんな呑気な話ではない

今は金曜日
先週の週末あたりからとにかく眠い

今週は特に眠い

今週は月曜日から特に眠い
通勤でも勤務中でも油断をすると半分夢、半分現実を漂っている。
通勤にバスを使っている
帰りなど降りるバス停の一つ手前で寝てしまって
危なく乗り過ごすところだった
カフェインには敏感だけど今週は効かない
セブンイレブンでコーヒー買って飲むと眠気に勝てる
いつもは。。。
今週はコーヒーが効かない

超早寝しても眠い

私は早めに起きる
午前4時30分には起きている
出勤するのは6時40分から7時の間
その間は身支度、朝食、犬のチョイ散歩程度
残りの時間はトイレ
そうトイレに多大な時間を割く
過敏性腸症候群だから何回もトイレに行かないとならない

従って通常でも早めに眠る
夜は10時を過ぎれば眠ろうと考える
それで睡眠時間は6時間前後になる

今週は9時前には眠ってしまう
起きていられないのだ

では朝は爽快な目覚めかと言えば
そうではない
ひたすら眠い
目覚ましで起きてまた眠りたいとは思わない
目を覚ましたいと思う
しかしずっと眠い

起きてから2時間半ほど経った出勤時間になっても眠い
ボーっとしている

風邪かと思うんだけど

確かに風邪をひく要素はある
毎日の気温の変動が激しい
風邪をひきやすい体質だから風邪でもおかしくはない

実際先週ひは少し咳が出た
たったそれだけなんだけど風邪だと思いたい

あとはこれと言ってどこかが痛いとか
熱があるとか具体的な症状がない
医者に行っても眠いというしかネタがないからいきたくない

一応今のところ社会生活はしているわけだし
本人が眠いという主観的な問題に困っているだけで
病気という訳にはいきそうもない

自律神経のせいにしよう

そうだ気温の変化についていけずに
自律神経がバランスをくずしているということにしよう
最近、暑かったり寒かったりしている
行きつけの内科の先生が言ってた
医者は原因がわからず緊急な危険がなければ
自律神経のせいにすると便利でいいと
※ 自律神経失調症はそんないい加減な話はできないらしい
あくまで自律神経の乱れ程度だ

そうそう元々色々な病院であなたは自律神経が不安定だと言われているんだから
ちょうどいいや

夢が現実に滲み出てくるのがイイね

油断すると半分眠ってしまうのか夢が現実に滲み出してきて
非合理な認識でもあたりまえのように感じている
シュールな感じだ

ハッと我に帰えって、何を考えていたんだ・・・となる

我に帰らなければウトウトし始める、つまり居眠り。

居眠りの意味がわかってきた気がする
居るは意思をもって存在することだと思う
つまり覚醒していなければならない
ならない、なのにまさに不覚にも眠ってしまう。
だから居眠りだと
つまり居眠りは睡眠だ
睡眠に入ってしまっては面白くない
睡眠の前の半覚醒、半睡眠の状態が楽しい。
現実の一部が溶けるようになって
夢の一部が滲み出してくる
両者が混ざり合って渦を巻きだしたころがとても魅力的な時間だ
生産的でもなく休息でもないどちらにも属さない時間がうれしい

効率を求めなければ生きていけない
しかしこのどうにも役に立たない状態が私にとっては宝物でもある

眠たい話題をクドクド書きました、読んでくれてありがとうございます。
おやすみなさい

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。