スポンサーリンク

10年休煙してたけど莨は美味い

”今日も元気だ たばこがうまい”
昭和のなつかしいCMです

草かんむりに良い=莨(たばこ)です

10年間続けた休煙をやめてタバコを再開した僕ですが
キセルを中心にプカリと行こうと思った経緯を書きます

※ この記事は喫煙を推奨するものではありません
※ 未成年の方、こどもたち妊娠の可能性の有る方よこの記事を読むな!
※ 体調の悪い方はこの記事を読んでもその気になって喫煙を始めないように
※ タバコは自分の健康ばかりでなく周囲の人の気分を害しかつ健康を脅かすものです
※ タバコの味、満足感は個人的な感想です
以上、卑怯な責任逃れです。

ケッコウ吸ってました

10年ほど前はすごく吸ってましたね

  • シガレット
  • パイプ
  • キセル
  • 手巻き

好きだったタバコは

  • シガレット;ホープ(10)のライト(ショートホープの赤ね)・・蜂蜜っぽい甘さがいい
  • 発売してすぐに消えたゴールデンバットボックス・・鉛筆みたいな香りが好きだったのにすぐに消滅
  • 両切りのラッキーストライク(ショートホープの正反対だけどね)・・アメリカタバコのうまさ
  • パイプ;色々試したんですが一番好きなのが”ダンヒルマイミクスチュア965”
    それと正反対のキャプテンブラック
    どちらの香りも好きです
  • キセル;これは当時は山吹があったかな?まあ”小粋”一択ですね
  • 手巻き;どっちかって言うと無難なブレンドがいいかな
    バージニア葉オンリーなのは飽きちゃうかな
    んっだったら王道の”ドラム”
    巻く太さによっても微妙に味が変わる面白さがいいね
    自分でブレンドしても面白いし・・・

どちらかといえば
パイプかキセルが好きなんです

紙の燃える味がどうも好きになれない
(シガレット、手巻きファンの方々に喧嘩売ってるわけではないです
どうかご理解を・・・)

シガーについては語れるほどのものはありません
高級品になればそれはそれはとてもうまい
うまいです
しかし悲しいかな僕は貧乏という階層です
シガーをきちんと湿度管理して保存できないし
比較して語れるような頻度で買えないのです

あとねぇ遊び感覚から遠いんだな なんとなく
ブレンドして喜んだり後悔したりもできないし

フィルターだとぉ?

ショートホープとゴールデンバットボックスのフィルターは例外として
両切りタバコのほうが好きですね
フィルターちぎって吸うときもあるくらいです

まあ変態の一種でしょうな

ピースも両切りのが美味いね

手巻きタバコならその心配はないケド
紙の種類が気になりだしちゃう
迷いが出てしまう これが楽しいんだけどさ
巻く紙によってけっこう味に差が出るんですわ
(燃焼速度も違うし)

パイプでもフィルターは内蔵できます
ただし吸い込む力が必要になって微妙な火加減が難しく
僕は得意ではないからフィルターは外しちゃいます

つまりノンフィルター派です

気が付けば休煙

そんなわけで結構タバコを吸ってたんですけど

「禁煙しよう!」なんて思ったことはありませんでした
ただ何となく吸わない日が続いて
またチョット吸ってみて

そのうち吸わなくなってきました

思い出せば
ある日、パイプでダンヒルマイミクスチュア965を吹かしてた時
ま、パイプだから口腔喫煙つまり吹かすだけですが
大好きな965だから知らず知らずかなり吸い込んでたんですね
パイプって一回の喫煙が人にもよりますが30~60分程度
・・・うまいうまいって吸い込んでたらしい
重度のヤニクラ(喫煙によるめまい、吐き気、貧血、体温低下)になっちゃって

真冬の乾いた空気がおいしくてマンションのベランダで吸ってたんです
夜中だから真冬に窓を開けてる人もいないと思ってね・・・
結局椅子から立ち上がれなくなっちゃった
このまま凍え死ぬのかと思ったほどです
30分ほどで真っ青な顔して這って部屋に戻れて
良く歯を磨いて布団に直行でした

この事件で自然とタバコに恐怖感が発生したんでしょうね

その後は
付き合いでもらったタバコを吸うくらいで
だんだん吸わなくなって
10年ぐらい過ぎました

嫌われるタバコ

んまあ~~タバコは嫌われてますな

私もね
愛煙家時代から許せないことはあります

  • ポイ捨ては愛煙家時代から言語道断ですよ
    あれはクズだ
  • 釣りをしていて綺麗な流れにフィルターがドンブラコ流れてきたら怒りの眼差しを上流に向けます
  • 歩きタバコも許せない
    線状に道路を汚染する
    吸わない人の迷惑がわかんないのかなぁ
    (お前は汽車ぽっぽかよって言ってやろうかと思う)

タバコってのは座って吸うもんだよ

タバコの害は今更言うまでもないケドさぁ

タバコの害は僕がこの記事にかくまでもなく深刻なものです
(たぶん本当だと思っています。論文をきちんと読んだわけでもないのですが。)

タバコを吸わなくなると
「嫌煙家」になります

不思議な心理ですね

  • タバコの煙にむせる
  • タバコを吸う人が臭く感じる

さらに「嫌煙家様」に昇進すると
タバコを吸う人の人格まで否定する権利を得ます
喫煙するバカのせいで貴重な寿命まで危機にさらされるので絶対に許せなくなります
(受動喫煙は核実験並みのものらしい)

嫌煙家に有らずば人に非ずです

おいおい
オマイはいつからそんなイカレタ奴になっちゃたんだ

ああイカレテルよ
病院通ってお薬も飲んでるしね・・・

いやいや真逆の方向にイカレテるんだよ

タバコの害と周囲の人の受ける健康被害は「正」としよう
しかし
振り回ちゃあいけないものまで振り回して反論できない相手を攻撃する
そんなイカレ方はオカしいと思うよ

僕はキチンとすることはムリです

ぼ、ぼくは
生まれつきキチンとできないくせに
いい子ぶっていると
さらにメンタルクリニック代がかさむんだな・・・

法律は守ります
マナーはいい方です
タバコの迷惑は体験して知っています

それで十分じゃないかよ

タバコはうまい

”今日も元気だ たばこがうまい”

タバコってうまいんだよ

つい先日、誕生日を迎えてめでたく58才になれた。
んで、またタバコを吸うことにした。
理由はない、しいて言えばいつもの天邪鬼です。
でも週一回ぐらいかな

小声で言っとくけど
僕は酒でもたばこでも依存が起きにくいらしい
だから禁酒も禁煙もしない
気が向けばずっと飲まない吸わない
気が向けば飲む吸う

葉巻・パイプはさらに苛められるのか

よおおおおし!
では大好きなダンヒルマイミクスチュア965を再開しようかな
どこかに仕舞い込んだ安パイプを出してきました
さて
ここで大きな問題が発生しておりました

駅前の喫煙場所というところに行ってみました
あらかじめ地図で確認しておいたから方向音痴の僕でもすぐに発見できました

つーか誰かの葬式かよと思うほどそのエリアからモクモク煙が立ち昇っています
おおおお こんな日陰の公衆トイレの裏の寒いところで・・・

みんなシガレット吸ってるんですよね

今回は別にお前のパイプはクサイと叱られたわけではないのですが
視線を感じます
パイプに対する興味ではなく
どうも僕のキャプテンブラックが発生させるバニラ臭のようです
(これじゃダンヒルマイミクスチュア965は無理かな)

事前にネットで喫煙所の空気を探っていたんですが
どうも喫煙可能の場所でも
「葉巻・パイプはお断り」
ってところが多いらしい

そこまでいかなくても匂いの強いタバコをふかすと
一般のスモーカーが「スモーカーの正義」を振り回しだすらしい

ま、そりゃそうだわな
デモナア・・・

パイプは時間がかかる

パイプは、じっくり時間をかけなければ意味がない

チョット吸っておいて
吸わなければ火は自然に消えるんだから
また吸いたいときに火をつければいいじゃん

まったくその通りです

でもね
そのやり方ってあんまり美味しくないんですよ
冷めた焼き魚もう一回焼くみたいなのイヤなんです

ゆっくり落ち着いて
吸い方が上手くいくと一連の流れの中に
起承転結、序破急というか味とか表情の変化があるんですよ

それを楽しまなければ
ニコチンと一酸化炭素を吸引する緩慢な自殺という
喫煙の素顔だけになっちゃう
素顔っていっても機嫌のわるいブスくれた素顔
いい年だから時間の一つや二つひねり出せばいいんですが
タスク管理が絶望的にヘタ

やはりパイプやシガーをゆったり吹かしてるひとは有能なんだな

キセルを思い出したよ!

パイプへの未練はある
ありすぎる

しかし
ここで視点を変えてみよう

キセルだってパイプの一種だ

ニッポンのパイプッ!
何事も極端に昇華させる民族性なのか
キセルもパイプの極端な亜種となった
のかな?
火皿(パイプで言えばボウル)が極端に小さい
煙道つーか”ラオ”つまり煙が通過する道が極端に長い
タバコ自体が極端に細いつまり「刻み」になっている

この「刻み」は猫の毛ほどにも細い
それをパチンコ玉くらいに丸めて
火皿にそっと置いて
2~3服
最近出た銘柄の「宝船」とか手巻き用のシャグだと
もう少し吸えるかな?
でもそんな短時間のワンサイクルです

それぽっちの煙でも普通のシガレット1本分と同じか
それ以上の「吸った」感があります。

諦める

キセルでの喫煙は
パイプの30分以上に比べたらまさに瞬間です

僕の生活パターンにぴったりなリラックスタイムが得られます

大事なことは
1.タバコに使う時間
2.シガレットの皆さんの仲間に入れてもらえる
この2つを叶えたい

おまけに
紙が燃えるニオイを避けたい
フィルターなんてゴミは出したくない
(これはこれは偏屈なジイ様だこと)
パイプタバコをキセルに詰めてもうまく吸えないし
味わう前に終わっちゃう
だからパイプタバコの銘柄の再現はあきらめる
(まだウジウジ考えているな)

新しい世界に飛び込もうよ

新しく手に入れる世界ってのも悪くない

ネット通販で
「黒船」っていう2000円ぐらいのキセルを新調しました
これはラオも金属なのでお手入れが簡単
しかも各パーツにねじ切りがしてあって分解できます
お掃除が楽ちんです 17cmぐらいかな


キセルだと定番の刻みである「小粋」(380円、10g)って言う銘柄がとてもおいしい
お茶に合うね
ああこの感覚だ!
お茶に合うようなタバコの世界
新しい世界だな

海苔弁食べるとしたらコーヒーよりお茶だよな
塩辛で飲むんだったらバーボンより日本酒だよな

(小粋は買ってきてすぐだと乾燥しすぎて丸めようとするとボロボロになるし
辛過ぎます、一晩 加湿するといいです)

他に2銘柄試してみました

「宝船」(¥500、20g)は普通のシガレットみたいな感じで変な癖も無く
なんかこっちをメインにしたくなる気分です

 

 

「赤 チェ・シャグ」(¥550、25g)も試しました
激しい赤いパッケージにチェ・ゲバラの顔がでーんとあって
革命的な味?(どんな味なんだ)かと思ったら
なんとバランスのとれた非着香のタバコのうまみのあるタバコじゃないですか

薄いペーパーが50枚付いています
この紙で巻いて吸ってみたんだけど うまいね ヘヘヘヘ
フツーに巻いて吸ってもコスパいいじゃんね

これからもいろいろ試して
新しい世界を楽しみたいです

よーし!キセルに決めたっと

だいたい顔が安キセルに似合う顔なんだな

長々と読んでいただきありがとうございました

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。