スポンサーリンク

マニ金を煙管で吸ってみた報告

マニトウ・ゴールド、美味しいですね

マニ金を煙管で吸ってみて考えたことを書きます。

※ これは煙草の記事です。未成年の方はご遠慮下さい。
嫌煙家の方は閲覧注意です。

今までマニトウを知らなかった

今まで、パイプを吸ったり
煙管を試したり
手巻きを楽しんだり

まあ、気の向くまま煙草を吸ってきましたが
マニトウ童貞でした。

先日、仕事で新宿に出たので
衝動的に加賀屋さんに寄りまして
衝動的にマニトウゴールド(マニ金)を買いました。

ご存知、マニ金は加湿が必須らしいので
まずは、小分け容器に入れて加湿開始・・・・

煙管で美味しいけれど

加湿完了ももどかしく
煙管に詰めて頂いてみました。

んんんん?
んまいっ!

今までマニ金を吸わなかったのが惜しまれる

甘い、香ばしい、余韻がまたいいです。

ただし。。。。

マニトウの葉は細かく崩れやすいんですね

煙管だと用心して吸わないと
終わりごろに火の粉が口に飛び込んでくる危険があります。

それと、小分け容器の底にはすでに粉マニ金が・・・

黒船煙管の出番かな

それでも、多くのシャグは煙管でうと
とても美味しいのです。

マニ金は是非とも煙管で吸いたい
そう思う私であります。

問題は、小さくなった葉っぱをどううまく吸うか
です。

こんな時に私は「黒船煙管」を登場させます。
黒船煙管は火皿と雁首が分離できます。
接続はネジ式です。(つけ義春の”ねじ式”思い出しちゃった)
ネジの部分が通気孔になっています。
そこのところの穴が小さいのです。
カピートと同じですね
バケツの底に孔があいている感じです。

だもんで、バケツの小さいような形の火皿に詰める葉っぱの
自由度が高いのです。

実は、第一回目に普通の煙管で吸って火の粉が口に入っちゃったのです。

こんどは安心!

んんん んまいっ!

黒船煙管だと火皿も大きめなので
じっくり時間をかけて味わえます。

こりゃ正解だわ!

パセル考えた人って

ふと思ったのですが。

他にも美味しいけれど崩れやすいシャグはあると思うのです。

例えばアクロポリス(ファインカット)

美味しいがゆえに煙管でシャグを吸いたい人はけっこういるんじゃないかな

ま、別にカピートでも小ぶりのパイプでもいいのでしょうけど
煙管って素直に美味しく吸えると思うのです。

妄想はどんどん連鎖してゆきます。

パセルを考えた人も
実は、そんな理由もあったのかな

なんて、妄想中であります。

今日も読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。