スポンサーリンク

手巻き煙草の最後の粉はHerbstick ECOで最終処分

シャグは最後のほうがどうしても粉になっちゃう

本当に粉になっちゃったのは無理がありますが

粉っぽいのは捨てるのがもったいないです。

※ この記事は煙草に関する記事です。
  未成年の方、嫌煙家の方は閲覧をご遠慮下さい。

どうしても粉っぽいのが残る

手巻き煙草を巻いていると
はじめの頃はいいのだけれど
だんだん減ってきて、終わりの方に近づくと
極端に短いのやら、粉状のシャグの存在が気になってきます。

モノによってはケッコウあるんですよね。
フランドリア・ブラックなんて皆無に等しかったけど

アクロポリス・ファインカット
マニトウ・ゴールド
なんて、かなり気になります。

なるべく巻いてはみるものの

ローラーで巻くときに
うまく混ぜ込んだり
上からパラパラしたりするんですが

やりすぎると、詰まってドローが悪くなるし
変に片側だけ燃えて感じが悪くなるので
ほどほどにしかできません。

細かいから煙管に詰めるなんてもってのほか

火の粉が口の中に飛び込んできます。

カピートもボウルの底の穴に詰まってしまうことしばしば・・・

小ぶりのパイプに詰めるのがまだマシかな?
燃焼温度が上がりやすいのであまりやりたくないし・・・

そうだエコがある

そんなカスもとっておいて
無難な銘柄は混ぜ混ぜします。

一応はブレンドしているつもりです。

味のバランスとかイメージしながら
ブレンド?してみます。

そして

ハーブスティック・エコに突っ込んでみます。

粉っぽいのオンリーだとエコのボウルの穴から出て行っちゃうので
まともなシャグに強引に絡めて詰めていきます。

なかなか美味しい

元から期待していないせいなのか

ブレンドの妙味なのか

ん?
いけるなぁ・・・

なかなか美味しいのです。

これで、シャグの終りの方の
変なケチ臭い感情が無くなりました。

そして何より
ハーブスティック・エコの出番が増えました。

今日も読んで下さりましてありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。