スポンサーリンク

どっと疲れる喫煙所の汚さ

どうして喫煙所をきれいに使えないのかな?

喫煙者だってきれいなところで一服したいはずです。

3タイプの喫煙者がいる

外出先で路上喫煙所を利用することがあります。

清掃前の喫煙所って、汚すぎてイヤになりませんか?

煙草の箱を灰皿の上に捨てる人は
当然のように思っているんでしょうか。

周辺は、缶コーヒーの空き缶をはじめペットボトル
ファーストフードの容器など

ひどい時はチューハイの缶やコップ酒の容器まで・・・

喫煙する人には3タイプいると思うんです。

1.公共の場所は汚くしてかまわないと思っている輩

2.ちょっとズルい人

3.マナーを重視する愛煙家

1と2のお蔭で喫煙所が耐え難い状況になるんだと思うのです。

歩きタバコをしなければ、何しても許されるわけではないんだよ!

ダメな2タイプのお蔭で嫌煙家がモンスター化する

タイプ1と2の行動って即”喫煙”と結びつくと思うんです。

そうなると
喫煙者=社会に負荷をかけるダメ人間

喫煙者の私だってそう短絡しちゃいます。

嫌煙家だったら
「やっぱりね・・・だからあのクズどもは排除しなければ」
って、彼らの攻撃性に油を注ぐことになると思う。

嫌煙家は人にもよるけどモンスター化しやすいんだと思う。

それを助長しているのが「煙草を吸う人;タイプ1と2」だと思うんです。

喫煙所に感謝しようよ!

喫煙所の清掃によく出くわすんだけど
大変な仕事です。
あれは、相当奉仕の精神がないと耐えられないなと思うんです。

特に、吸い殻以外のゴミがある時なんて

私だったら、灰皿だけ掃除して他のゴミは放置してやりたいですわ!

ゴミを不法に投棄している現状が改善されなければ
喫煙所を閉鎖しますってところもあります。

そうなって困るのは喫煙者なんだよね。

バカでもわかる理屈がわからない人つまり、タイプ1と2の方々・・・

歩きタバコは当然NGだけど、路上喫煙が出来ないエリアだから
喫煙所が設けられているんだな。

ゴミ捨て場として喫煙所があるわけではないんだ。

喫煙所とそれを維持管理している人に感謝の気持ちをもたないと

ホントにどこにも煙草を吸える場所がなくなってしまうんですよ。

屋外の喫煙所は気持ちがいいもの

室内の喫煙所もよく利用させてもらっていますが

雨とか強風の日以外はイマイチに感じます。

おんもがいいな!

晴れた日の戸外の一服は気持ちよく、美味しいものです。

お願いだから、喫煙所をきれいに使おうよ!

今日も読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。