スポンサーリンク

マクバレン ミクスチュア;深いな

可もなく不可もなく的な存在ですが
流石、マクバレン!
なんのヒネリもない煙草の奥は深そうです。
今回は、ヴェポライザーとパイプで味わってみました。

※ 喫煙に関する記事なので未成年の方はご遠慮下さい。
  嫌煙家の皆様ごめんなさい。
  妊産婦の方は煙草は吸わないでください。
  未成年の方特にお子様や小動物に煙草の煙が含まれた空気を
  呼吸させないようにしてください。

まずはベポライザーで

ハーブスティック・エコの後継機?のFyHitで
まずは、頂いてみます。

イングリッシュミクスチュアなので
葉っぱを重ねて固めたものを細く切った形状です。
良質の煙草らしいとてもいい香りです。

ヴェポライザーのチャンバーに突っ込むには
ゴゾゴゾしているので
少し、指先でモミモミして柔らかくしてから
押し込みます。

低温からスタート

へへへへ、やはりベポライザーはパイプ葉がいいな・・・
違和感なくタバコ本来のうまみを味わうことができます。

だんだん温度を上げて試します、目だった味の変化はないです。

ニコチンはしっかり感じます。

パイプとは一味違ったミクスチュアーの味です。

これもアリかな

悪くはないです。
まろやかで、素直な「煙草」って感じを楽しめました。

リラックスしてプカーッ

定番の一つに確定!

パイプでモクモク

次は、パイプで頂きます。
本来の味わい方ってことです。

パイプの経験は初心者の域を出ないので
さみしいレポートでスミマセン。

極めて個人的な感想ですが

美味しいです。

何かが出っ張っていたり、足りなかったりがなく
バランスの美しいミクスチュアです。

マクバレンの煙草を嗅いだり、喫煙すると
たまに感じるのですが
花の香りがします。
着香ではなく自然ないい香りです。
私だけでしょうかこの感じは・・・

火持ちも良くて
ヘタな私でも途中で火が消えることは少ないです。

今回、家の換気扇の下でひっそりと頂きましたが
誰もいない原っぱで青空の下でのびのび吸ってみたいと思いました。

煙草って夜が似合う煙草って確かにありますが。
マクバレン・ミクスチュアは明るい昼間も似合うと思いました。

今日も読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. hk より:

    herbstick eco 入手からひと月弱です。
    その後ヴェポライザーなるものにすっかりハマってしまい、新たに買い増してしまいました(2機種も。。深夜の衝動買い!!)。
    シャグはいくつか試してみましたが、キャプテンブラックオリジナルをセラミックチャンバの機種(ちなみにweecke社製)で160度の低温で、というのが定番になりつつあります。
    なんとも言えない甘味と湿りっ気がいい感じです。
    1回が5分の機種なのですが、耳かきっぽい棒で混ぜ混ぜしてやり(チャンバがecoに比べ広いので奥からグリグリ混ぜやすい)3~4回くらい味も落ちずに吸えてます。

    あとは時々コルツのクリアメンソールって感じです。
    ミクスチュアも次回試してみようと思います。

    • たまいち より:

      hk様 コメントありがとうございます。
       そうですか・・・けっこう、ハマってますなぁ。

      やはり、キャプテンブラックオリジナル(白ね!)はベポライザーの定番ですよね。
      あと、かき混ぜるのも・・・

      1回が5分だと少し物足りないのでは?

      メンソール系もいいですか!?
      今度試してみようっと・・・

      また、情報ください。

      • hk より:

        けっこうハマってしまいました・・・。

        加熱含めて5分なのでそうですね、ついつい連続吸いです。外で吸うにはちょうどいいですが。

        元々メンソールはすってなかったのですが、例の芋臭対策でアイコスではミントにしてましたのでその流れで。
        近所のしょぼいタバコ屋でコルツが切れてたので代わりにドラムのメンソールを購入してみましたが、メンソールの効き具合はさておき、低温だと吐き出す際にほんのりですが芳香剤っぽい感じがありちょっとイマイチでした。

        そういえば、約一月前のeco購入時に同じくらい価格でherbstick(初期型?無印?)という機種があり迷った結果、ecoにしましたが、そちらは掻き混ぜ棒がついたマウスピースでそのままマゼマゼできる(今思うと)スグレモノ機能がついてました。

        • たまいち より:

          hk様

          メンソールの感じなんとなくわかるような気がします。芳香剤ね・・・・

          その掻き混ぜ棒って便利だな
          ほかの会社もそのくらいしてくれるといいんですけどね。
          掻き混ぜって重要ですよね。

  2. hk より:

    先日グローを入手しました。
    さっそくネオスティックなるものを試してみるも(シャグ&ヴェポライザーに味覚が慣れてしまったせいか)イマイチでした。
    グローはヴェポライザーそのまんまと、ふと思い付き、コルツメンソールを細巻きしてグローにブチ込んでペーパーチップを上からブチ込み吸ってみたところ、意外や意外で割といける!少なくともネオスティックメンソールよりは旨い!でした。キャプテンブラックオリジナルもそれなりに。

    ヴェポライザーを外で使うには、具の詰め替えが面倒&電池持ちが・・・だったのですが、中ではヴェポ、外出時はグロー&シャグ(たまに着火)にすることで、やっとスタイルが決まった感じです。

    ヴェポライザー難民を経て既製の紙巻タバコが吸えない体質(?)になってしまいました。

    • たまいち より:

      hk様 コメントありがとうございます。何を隠そう私もグローとかアイコスに興味を持ち始めていたんです。
      グローはアイコスに比べると味が薄いとの評判でしたが、シャグ流用できるんですね。
      確かにヴェポライザーだけだと何かと不便で、私は外ではもっぱら手巻きたばこです。
      このやり方だと私としては、ヴェポライザーあり、週末パイプ、キセル、そして常時グローになると
      360度紙巻から解放されます。
      これはありがたい情報です。
      どうも有難うございました。
      では、また・・・

  3. hk より:

    ネオスティックのシケモクフィルタ(中は空洞化)を使ったり試行錯誤中ですが、今のところこんな感じです。

    (1)巻き巻き
    ワンクオーターのローラーで巻いてます。
    当初は、5.3mmフィルタを細く切って両端に入れ太さ合わせしてました。

    (2)セット
    真ん中で二等分してGLOにセット

    (3)フィルタ
    「RAW・フィルターチップ(ワイドタイプ)」を上から指す。
    このとき紙巻をじんわり奥まで押し込む感じ。
    隙間が気になりますが熱風なので隙間があるくらいで丁度いいです。
    もちろん、何回か使いまわしです。
    もう少し幅広なフィルタチップがあればいいのですが・・・。

    (4)吸って掃除
    加熱後3分半です。
    紙巻きの太さによって詰まったまま出てこないことがあるので爪楊枝を携帯してます。

    細いせいか意外とコンガリしてるようなので、加熱ボタンを押して暫くして具を入れてみたりと、この辺も試行錯誤中です。
    気になるとこは色々ありますが、小さくて、(ヴェポライザーとしては)電池持ちが抜群に良いのでかなりお手軽ですよ。

    • たまいち より:

      hk様
      詳しい作成方法を惜しげもなく公開下さりありがとうございます。
      実は、今日、勤め先のそばのコンビニでグロー入荷したら教えてとお願いしてきました。
      (詳細は語れませんが・・・)
      今からウズウズしてます。
      グローが吸いたいのではなく、シャグやらパイプ煙草をグローで試したくてです。

      hkさんと同じ病いなのかもしれませんな。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。