スポンサーリンク

フランドリア・ブラック買ってみた(シャグ)

今日は手巻き用煙草(シャグ)のフランドリア・ブラックについての記録です。

※ 個人の味覚、感覚で主観的に書いています。

不味かったらどうしようと悩んだ

ネットでシャグ(手巻き煙草)関連のサイト見て遊んでたら、
「フランドリア・ブラック」買ってみようかな?
って気がしてきました。

なんていうか、雰囲気にのまれやすいんだよな・・・
でも
おおかたのひとは
・黒タバコの強烈さ
・ジタンやゴロワーズみたいに生易しくない
などと怖くなるような評価もあったのですが、

なかに
「ん、いける、ハマった!」的な記事もありました。

私自身はパイプタバコではラタキア系も好きなので
個性的な煙草だからといって臆することはありませんが

マズイのは困るんです。

時たま煙管でふかす程度なので
マズイと頑張って消費するまでの期間が長すぎるんです。

楽しいはずの嗜好品が何かの修行みたいになってしまいます。

んまいっ!

仕事で新宿を通る機会に恵まれたので
早速、加賀屋さんへ寄り道しました。

急いで帰宅して
開封しました。
ので、写真が雑でスミマセン。

まずは、煙管「黒船」で一服
私の好みでは、やや乾き気味です。
でも
「んまいっ!」
思わず一言漏らしました。

次は、カピートです。
うまいですね。

スローバーニングの紙で巻いて
うまい、うまい。
確かに黒タバコです。
かなり強い感じがしました。
・コクがあります。
・苦みがほのかにあります。
・香りが華やかです。
・後味はキレが良く、残りません。

だけどニコチンは少ないのかな?

そんな直感です。

心配が真逆になって
いい年してはしゃぎました。
やすいもんだよ。

けっこう黒いです。細く腰のある長めの刻み方です。

煙管で吸うのが一番いいように思う

一晩加湿して
落ち着いて

煙管で頂きます。

昨日は、色々な要素が一遍に押し寄せてきた感じがありましたが。
加湿したせいなのか
落ち着いて吸ったせいなのか

それぞれの要素が一つづつ瞬間ですがばらばらに口の中に広がります。

私の好みでは
煙管が一番美味しくいただけました。
(その後もいろいろ煙管を変えましたが
オール真鍮の20cmの煙管がマイルドで良かったです)

4寸の述べ煙管も悪くなかったですよ。

らう煙管9寸ぐらいのは味がぼんやりしちゃってイマイチでした。

今日も読んでくださってありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。