スポンサーリンク

煙草は何といっても煙でしょ

煙草は火をつけて煙を吐くものだ

煙草について熟慮の末たどり着いた結論です。

最初から負けを決めて喫煙活動の考察します。

これは喫煙というもはや反社会的ともいえる習慣を愛好している記事です。
喫煙の習慣を拡散したりするものではありません。
また、未成年の方は読まないでください。
多病の私が喫煙をすること自体国民の皆様に申し訳ないと思っています(一応)

WHO筆頭に世界を敵に回すのは分が悪すぎ

煙草は百害の王です。
WHOも厚労省も色々な学者の説を並べて言うのだから本当なのだ。

本当なのだと思う。思う。思う。
(私は煙草は農業だと思っているんですが・・・アメスピの受け売り)

しかし、すべての論文を読んだわけではないけど
統計学の結果のコラージュに見えるよ。
しかし、タバコの有害性を訴えるにはそれで、十分かもしれない。

漢方薬だって、針灸だって、易占いだって、ある意味統計の集積結果かも
確かにそれで成果が上がっている。
マウスの喉に穴開けて何百時間もタバコを強制吸引させりゃあ・・・ねえ
可愛そうに。。。。

つまり、タバコは「悪」なのだ。

ホモサピエンスという猿には常に「悪」が必要なのだ。

副流煙についてはタバコがいけないのか
シガレットの巻紙の燃焼剤とか保湿剤とか防腐剤とかがいけないのかはっきりしないけど

「臭い」と言われれば
戦いの場は精神衛生上のリングになってしまう。

いかなる場面でも勝ち目はないですね。

それに、世間の風は冷たい逆風です。
世間を敵に回しちゃあオシマイだ。

現代の悪者はタバコだ。
CO2より悪党らしい。

タバコを持ってるだけでブタ箱にぶち込まれるようになったら
次の悪者は何だろう?

いろいろなパターンを考えた

ゆえに、最初から負けを決めて喫煙活動の考察をするに至ったのです。

条件としては
・禁煙は考慮しない。
・喫煙マナーは厳守する。

少し昔なら話は簡単でした。
・喫煙所に行く。(喫煙可能な喫茶店もアリだな)
・誰もいない、近所に家もない場所で吸う。
・自分の家または部屋を完全密閉して吸う。

これだけで話は終わりました。

厄介なことに、ここにきて我が国でも
・電子たばこ(さまざまなシステムのものが出回っています)
・嗅ぎたばこ(粉を鼻に吸い込むタイプと口にそっと含むタイプがあります)
が脚光を浴びてきたんです。

煙が出なければ少しはマシ、
煙も湯気も全く出なければなお良し!
口に含むタイプはスヌースと言って、煙草から抽出したニコチンを使ってタバコの匂いの全くないものもあります。

となると、我々喫煙家のゲリラ活動にバリエーションができます。

いや喫煙家ではないなニコチン摂取家だな。

自分の家、マンションなど近隣を意識する場所では電子たばこが使える可能性が出てきました。

電子たばこ

・喫煙所
・自宅、住宅密集地
で喫煙可能だと思う。(喫煙ではないですね。喫蒸気ですね)

スヌース

チューイングガムを噛まずに頬と歯茎の間に隠しておくようなものですから
歯医者さん以外はどこでもOKです。

どうしても、煙をモクモクさせたければ
上記の
・喫煙所に行く。
・誰もいない近所に家もない場所で吸う。
・自分の家または部屋を密閉して吸う。
(しかし、集合住宅はNG。配管を伝わってもタバコのにおいはどこかに行きます)

を選択します。

つまり、我々は自由を得たのです。

自分をだましてもみた

偽りの自由を得ましたね。

喫煙家ではないなニコチン摂取家としては一応の成果を得たわけですが

私は「愛煙家」なのかもしれないと思うんです。

ケムリがいいんです。

でもね、
酒の味にもつべこべ言うんですよ、私も、生意気に。

結局はね
「アルコールなら何でもいい」

まで落ちることはたやすいんです。私の脳はね・・・

結局、以下のパターンに落ち着いています。
(現在時点では)


早めに家を出て駅前の喫煙所で手巻きのシャグを一服。

日中勤務時間
スヌースをそっと口の中に入れたり出したり。

夕方
駅前の喫煙所でお疲れ様の手巻きシャグ

帰宅後
ハーブスティック エコで水蒸気をモソモソと吸います・・・
(ちゃんとタバコ葉ですよ。違う葉っぱは吸っていませんからね。)

週末(なんの用事もない日は)
秘密の場所でキセル、カピート、ミニパイプでシャグを楽しむ。
雨なら傘をさしてでもモクモク
やはり紙が無いと、つまりタバコ葉だけだと美味い。

美味いんだな。

欠点は、ちょっとした腰掛なり荷物置き場が欲しいんですよ。
キセル、パイプの類は・・・
両手を使って喫煙開始までの儀式が長いんです。

このパターンが最良かな今のところ。

キセル、パイプの代償行為が大半を占めている日常生活です。
つまり、自分をだましています。

ニコチン摂取家になろうとしています。

でも、やはり愛煙家なんですよ。
自分は誤魔化せない。

絶対に紫煙モクモクだよ

本音は、いつでもどこでも、キセル、パイプの類でモクモクやりたい!

手巻き煙草も奥深くって、巻き方、巻紙などでも味が全然違ってきます。
加湿状態でも、おやっ?
このタバコこんな味が隠れてたのか、なんて思うときがあるんです。

極めて個人的な好みで言えば、普通のパイプがいいな。

でもね、一時間も二時間もモクモクやってる余裕がないんです。
貧乏ヒマなしね。
それにセッカチ。
それを総合して、たどり着いたのが
キセルとミニパイプ(ショートスモーキング用パイプ)なんです。

いや~~~紫煙がユラユラ立ち昇っていくのを眺めながらの
ひと時は安らぎます。

なんで、これがいけないのかな?

精神安定剤飲んでる奴がふざけんな!って言うんでしょ?
素直にごめんなさい、あやまります。

週末(何も用事がない日)、雨が降っていない、風が強くないそんな日
一年で何回あるんだろう。

キセル、パイプの類は風に弱いです。

キセルなんて火の玉がとんでっちゃう。火災のリスク最高です。
パイプとて、同じこと。

ふいごで火を起こしてるみたいにタバコが真っ赤になって燃焼します。
クールスモーキングなんて絶対無理です。
煙は辛い、熱い、落ち着かない。

傍から見たら蒸気機関車ごっこしている頭のイカレタ親爺ですよ。

ああ、スモーキングルームでゆったり紫煙モクモクさせたいな。

この記事を読まれている方の中には
私と同じ、香りの強いタバコを好まれる方も多いと期待してます。

そんな方は、喫煙可能な喫茶店も、喫煙所も追い出されちゃうでしょうから
ツラいですよね。

私の意見に耳を傾けてはいけません

なんとか、かんとか屁理屈を言って
喫煙活動のゲリラ化を考察したつもりですが。
かなりの苦戦ですね。

いつかある日
山で死んだら・・・
ではなく、
いつかある日、私の気がフレたら大気汚染で有名な交差点見つけて
ど真ん中にどっかと座って、紫煙モクモクやってみたいな。

そんな、エネルギー使うなら他に使った方がいいに決まってます。

賢明な皆さん、タバコをやめて建設的な趣味で心を癒してください。

私はマイナス方向に歩いてゆきます。さようなら。

今日も読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。