スポンサーリンク

トライポフォビア(集合体恐怖症);当然僕もです

”すしぱく”さん

トライポフォビア、集合体恐怖症、斑点体恐怖症とも言われます

日本のネット世界では「蓮コラ」で有名ですね
あのぶつぶつ画像ですね
気持ち悪いですね

トライポフォビアってどんな恐怖?

ギリシャ語で穴を意味する「トライポ」と英語で恐怖症「フォビア」を合わせた造語だそうです

例えば
・蓮の実です穴が多数集まっている
・猫のヒゲの穴
・洗剤の泡

などなどブツブツしたものを見ると発症します

どんなことになるかって言うと

・鳥肌が立つ
・動悸
・めまい
・気分が悪くなる
・吐く、吐き気
・倒れる(気絶、貧血)

けっこう厄介です
正式な精神疾患でもなく診断名としても無いとのことで
高所恐怖症、湖恐怖症と同じですね

どんな集合体に反応するの?

十人十色と言いますが
500~600種類はあるそうです

最初は一つのことが気持ち悪いなって思っているだけなんだけど
運が悪いと(体調が悪いと)どんどんレパートリーが増えてしまいます

ざっと思い起こしたりネットであたってみても

蓮の実
猫のヒゲの生えている穴
沢山のキノコが生えているところ
蛆虫の大量発生
ぶどう
洗剤の泡
カニの巣
ハチの巣
エアチョコの断面
蜜柑の皮
蜜柑の果肉
魚の卵
魚のエラ
ひだ状のキノコやサンゴ
ビーズの装飾品
イチゴの表面
サメのエラ
ヤツメウナギのエラ穴
動物の子供がたくさんいるところ
保育園の集合
密集したおでき
ダンボールの断面
水玉模様

などなど

調べないほうがいいですよ
トライポフォビアのレパートリーが広がるだけだから・・・

トライポフォビアを克服するには

克服方法としては
可能性として考えられるのが

1.なるべく見ないように避ける
2.慣らす、積極的に見る(暴露療法っていうんですかね)

あまりひどいときは
精神科とかメンタルクリニックに相談する方がいいです

1 の方法は逃げているだけなので克服にはなりません
よって
2 の「慣れる」しかないんでしょうか?

僕はムリ! 単に自虐なっちゃう

僕はムリです

積極的に見て慣れる方法はダメ

ネットで画像なんか見ているうちにどんどん気分が悪くなってくる
レパートリーが広がるだけ
見るものなんでも敏感になっちゃって克服どころか悪化の一途です

さらに

ネット画像から目が離せなくなって自虐が発生して
魔のループになっていきます

この記事書くのにネットも参考にしましたが
なるべく画像は見ないようにしました

2ヶ月ぐらい前にネット画像にはまって
二日酔いならぬ二日トラフォビになった経験があったもので
みなさんもご注意を・・・

今日も読んでいただきありがとうございます

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。